パズルをはめる人

積極的に取り入れる

0と1の羅列

ネット社会だからこそ

パソコンやスマートフォンが広く普及したことによって、世の中は「ネット社会」へと変化しています。
多くの人がインターネットを使用して、情報を収集したり、趣味の時間を楽しんだりしています。
このような社会の変化は、マーケティング業界にも大きく影響しています。
そのため、マーケティングをより有効に、そして意味のあるものにしていくためにも、インターネットを味方につけなければならなくなったのです。
そこで注目されたのが「DMP」と呼ばれるもので、情報を収集し、管理、分析するプラットフォームのことです。
正式名称は「Data Management Platform」となり、その頭文字をとってDMPと呼ばれています。

簡単に取り入れられる

DMPの導入は、今後急速に進んでいくと考えられています。
それは、DMPの仕組みを知らず知らずのうちに取り入れている企業が多いためです。
現在、主流となっているサイトリターゲティングの仕組みは、DMPとほとんど変わらないとされています。
サイトリターゲティングの「サイトを見たかどうか」ということに「どのページを見たか」、「いつ見たか」、「どこからたどり着いたのか」などのデータをプラスすることで、DMPへと変化するのです。
そのため、まだサイトリターゲティングを取り入れていない、という企業があれば、すぐにでも始めてみるとよいでしょう。
一度離れたユーザーを取り戻すことができると同時に、DMP導入の練習にも有効です。

意図と特徴

手の上のパソコン

マーケティング業界のトレンドとなりつつある「DMP」。意図や特徴を知っていなければ、上手く導入することはできません。そこで、ここではDMPが一体どういうものなのか、わかりやすくご紹介します。

詳細を確認する

2つの種類

パソコンに囲まれる人

DMPには種類があることをご存知でしょうか。その種類は「オープンDMP」と「プライベートDMP」の2つです。それぞれ異なる特徴を持っているため、事前に把握したうえで導入することが大切です。

詳細を確認する

メリットと課題

ガッツポーズをする人達

DMPを導入することで得られるメリットは、「効率よく広告を配信することができる」ということです。ここでは、このメリットから見えてくる「DMPの課題」についてまとめています。

詳細を確認する

構築時のポイント

指でタッチ

DMPを導入、構築する際に気をつけるべきポイントが4つあります。これをしっかりと抑えることができれば、効果的に導入することができ、DMPの魅力を存分に発揮することができます。

詳細を確認する